HOME>レポート>血糖値を下げる簡単な手段が誕生【三日坊主でも大丈夫】

血糖値を下げる簡単な手段が誕生【三日坊主でも大丈夫】

血液

食べて下げるのは当たり前

最近は、血糖値を下げるのは必要な食品を食べることだという意識が定着しつつあります。大昔のような食べない方法ではなく、必要なものは食べなければならないという考え方ですね。血糖値を下げる目的は、肥満症や脳梗塞、心筋梗塞などの病気リスクを低減させることです。みんなそう言っているから下げたほうが良いのだろうと漠然と捉えている人もいますが、具体的な方法も合わせてしっかり理解しておきましょう。血糖値を下げる食べ物の多くは野菜で、野菜の中でも特に効果があるのは玉ねぎです。イソアリインという物質がインスリンの分泌能力を高め、同時に血液もサラサラにしてくれます。他にもキノコの多糖類βグルカン、アボカドのカリウム、ブロッコリーのクロムなども高い効果を持っていることが分かっています。これらの栄養素をしっかり食べて、体内でしっかり活用しましょう。

血液

摂取したい成分の種類は

血糖値を下げる効果を持つ成分にはどんなものがあるのでしょうか。難消化性デキストリンは、じゃがいもやトウモロコシのデンプンから作られる水溶性食物繊維です。これが腸内環境を整え、食後血糖値や中性脂肪の上昇を抑制する作用を持ち、トクホにも認められています。サラシノールとコタラノールは、糖質を小腸から吸収するのを抑制し、食後血糖値があまり上がらないようにする働きがあります。その外にもイヌリンやカテキンに同様の効果があることが分かっています。また、ピニトールやポリペプタイドPはインスリン様物質と言われ、血糖値を下げることが分かっています。糖をエネルギーに変えるのを促進するALAなども見つかっていて、現代は血糖値をコントロールする時代に変わって来ました。これらの有効成分だけを効率的に摂取するのは難しいので、サプリやお茶などで上手く摂取するのが賢い方法です。

広告募集中